安心食材
幼児食レシピ
↑↑クリック拡大↑↑

対象全商品について放射線測定を実施済み!!
妊婦・幼児食リンク
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

幼児食レシピ 1歳からの幼児食

幼児食レシピって難ししですよね。離乳食に比べて本も少ないし、ついつい大人と同じご飯をあげてしまいがちですが、幼児が成長するためのレシピを考える必要があります



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - | - |


食品の放射性物質 暫定規制値について

子供がいるご家庭はとっても気になる放射線規制についてまとめてみました。


まず、お伝えしたいのは、うわさだけを信用してはならないことです。


ここでお伝えするのは厚生労働省が発表した資料をもとにしています。


<食物の放射性物質の暫定規制値について>

放射線暫定規制値って、どのようにして定められたのでしょうか。


これまでの考え方は以下の通りです。



まず、許容線量 として「年間5ミリシーベルト」という基準をたてます。


そして私たちが口にする食物を 


(1)水、(2)牛乳・乳製品、(3)野菜類、(4)穀類、(5)肉・卵・魚・その他


のカテゴリーに分類し、「年間5ミリシーベルト」をそれぞれのカテゴリーに対して1ミリシーベルトずつ割り当てます。


そして、乳児〜成人までの年代別に摂取量と感受性を考慮し、1ミリシーベルトを限度値(Bq/kg)を算出し、その最小値よりも低い値を暫定規制値として設定しています。


わかりにくいかもしれませんが、とにかくそれで計算されたのが以下の規制値です。


(1)水:200bq/kg
(2)牛乳・乳製品:200bq/kg
(3)野菜類:500bq/kg
(4)穀類:500bq/kg
(5)肉・卵・魚・その他:500bq/kg



しかし2012年4月から、WHOの基準を考慮したり、より安全サイドに考えられるようになり、最初の基準値が「年間5ミリシーベルト」から「年間1ミリシーベルト」に引き下げられました。


そして一般食品の限度値(Bq/kg)としては、この基準を参考に、


100bq/kgとなりました。


また水は10Bq/kgです。これはWHOの基準に合わせたものです。


子供の規制値って意外にも大人よりも高かったりしますね・・。


摂取量などを考慮した値ですが、ちょっと違和感があります。


でもやっぱり摂りたくないですよね・・。

※放射線検査をクリアした安心食材はこちら※













| 幼児レシピ | 03:32 | - | - | - |
PR
幼児食レシピ本
Sponsers
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
OTHERS